転職回数がデメリットになりにくい業界

,

介護業界では、転職回数が不利になることがほとんどないと言われているようです。というのも、すでに介護業界で働いている人の大多数が他業種からの転職組だからです。
とある調査では、介護業界に入る前に何か別の仕事をしていた人の割合が約80%にも上っていて、その人がどういった経歴の持ち主なのかを気にしていては業界が成り立たなくなってしまうからです。したがって、過去の経歴は、ほとんど採用時にも問題視されることがないと言ってもいいかもしれません。
転職を頻繁に繰り返すこと自体は、介護業界の中でもよくあるので、転職回数が多いから我慢ができない人間だと思われてしまうこともないでしょう。また、もしもそう思われたとしても、採用の結果にはあまり関係がない場合が多いようです。どうせこの世界では、辞めていく人間はすぐに辞めていくので、採用時からそうしたことを気にしていても始まりません。一度採用をしてみて、実際に働いてもらってどうなるかということが大切なのです。
なので、単に転職回数が多いということで不利になることは稀であると言ってもいいでしょう。他の業界で門前払いを受けてしまうような人でも、介護業界ならチャレンジができるのはありがたいことです。
こうした特徴もあって、介護業界は転職市場ではセーフティーネットのような使い方がされているようです。もしものときにも介護業界に行けばいいと、多くの人が積極的に転職をし始めています。介護業界も入ってみればそう悪いところではないので、リスクの高い転職でも思い切ってできる時代だと言えるかもしれません。