不利になるかどうかの分岐点

,

転職回数が多くなってきてしまって、そろそろ採用されなくなってしまうのではないかと懸念する人は多いようですが、介護業界で転職する限りはそれほど問題にならない可能性があります。
介護業界では、少しでも経験があったり、能力が水準程度にあったりする人材が一人でも多く手に入ることを期待している現場が多いからです。転職回数が不利に働いてしまうかどうかの分岐点は、それまでの経験が仕事につながるかどうかにあるようです。もし、それまでの仕事の内容が介護に直結するものであれば、基本的にはプラスに解釈されるようです。
不利に働くことになる事例となるのは、後ろめたい理由で転職をした経験がある場合程度でしょう。仕事がきついから辞めてしまった、人間関係が悪くなって追い出されてしまった、つまらないから他の仕事を探したというようなネガティブな理由で転職した経験を知られてしまうと、マイナスに評価されることになります。しかし、転職した理由が転居の必要性であったり、家庭の事情によるものであったりすれば、全く支障はありません。経験を生かして別の仕事をしたくなったという場合でも、マイナスに解釈されることはあまりないでしょう。意欲的に介護業界で働くことを決意したということを示せれば、プラスに解釈されるようになります。大抵の場合には、プラスに解釈されることはあってもマイナスになることはあまりありません。転職回数が多いことはあまり気にかけずに、介護業界を目指すのが賢明なのです。